家の湿気との向き合い方

冬の朝などに窓に結露が多く発生してしまい、雑巾で拭き取ったりすることがある方も多いと思います。

たまになら苦にならない作業でも毎日の事になると結構大変です。

この作業をなくすためにはしっかりとした結露対策が必要になります。

まず結露が、なぜ発生するのかですが、簡単に言うと冷たいものに温まって湿った空気が触れる事で発生します。

つまり、室内と外の温度差が激しく湿気が多いと結露が発生しやすくなります。

まれに断熱性能の良し悪しが結露問題の原因であるように言われることがありますが、断熱性能の良し悪しに関わらず結露というのは発生します。

結露の原因となる湿気は暖房器具によって発生することも多いですが、それ以外でもお風呂や調理場や加湿なども湿気の発生源になりますし、なにより人間自体が湿気の発生源でもあります。

結露対策にも色々あるのですが、例えば室内の湿気については一日に何度か窓を開けて空気の入れ替えをする事が有効だったります。

窓を開ける時間は一回につき数分で構わないのですが、一日に何度か行う事が大事になります。

しかし雪や雨の降っているときは逆効果になってしまうので止めましょう。

別の方法としては暖房を一日中つけたままにしておくというのも効果的です。

日本人は昼に暖房をつけ寝る前に止めるという生活週間の型が多いのですが、これだと外気に触れている窓付近の温度が急速に下がってしまうため結露が多く発生するのです。

窓ガラスに結露が発生することが多いのは、外に接していて外気の影響ですぐに冷えてしまうからなので、できれば暖房器具なども窓の上や窓の下に設置するようにすれば結露の発生が抑制できるので、これも結露対策と言えるでしょう。

また暖房の種類によっても結露が発生しやすいものと発生しにくいものがあります。

一般的に開放型と呼ばれる暖房器具である石油ストーブやガスファンヒーターなどは室内に水分を放出してしまうため結露が発生しやすくなるのです。