結露対策の基本

冬になると多くの人が自宅の窓の結露で悩まされています。毎日窓を拭きながら、「なぜ結露するのだろうか」と考えたことがある人もいるでしょう。それは屋内と屋外の温度差が原因です。冬は屋内は暖房で暖かく、屋外は寒くて朝方は氷点下を記録する地域もあります。この温度差が屋内の水蒸気を冷やして水に変えるため、窓に水滴が付いてしまうのです。結露をそのままにするとカビやダニの原因になり、アレルギーや過敏性肺炎を引き起こすこともあります。しかし、毎日窓を拭いて回るのも大変です。大切なのは、結露対策の基本を押さえておくことです。まず一番の基本は換気をすることです。屋内と屋外の温度差が原因なので、この温度差を作らないことが重要です。窓を開けて風通しを良くすることで、屋内の温度は下がります。冬の換気は寒くて抵抗がありますが一日に何度か行うと、驚くほど結露は減少します。特に気を付けるべきなのが夜間の換気です。寝ている間に外の気温は急激に下がるのに対し、屋内は暖房器具によって暖かい空気が充満しています。その温度差は昼間よりも大きいため、結露も酷い状態になっています。そのため、夜間も結露対策が必要になりますが、おすすめなのが換気扇を回すことです。寝ている間に手軽に換気が出来ます。しかし、最も根本的な結露対策は、二重サッシやペアガラスやトリプルガラスなどにリフォームすることです。これらは結露対策になるだけでなく、断熱効果が高いので光熱費の節約にもなります。

結露対策は必要?

毎年この冬の時期に起こる現象の一つとしてあげられるのが、窓の結露です。朝カーテンを開けると窓一面に水滴が付着しているはずです。結露対策をしているご家庭や、対策をしていないご家庭もあると思います。ではこの結露はどのよう...  続き ⇒