結露対策の関連情報まとめ

結露は湿気と気温差が大きく関係します。結露対策は部屋の湿気を拡散させずに、一ヶ所に集め排気してしまうことで解決できます。結露の発生とその原因はインターネットで多くの情報を得ることが出来ます。始めに、原因となることを分析し、解説を行うサイトから情報を得るようにします。次に、実際の解決例が掲載してあるサイトを調べ、もっとも自宅に近い例を参考に対策を立てます。結露対策で有効となるのは湿気の封じ込めです。住宅の中で湿気が一番発生するのはキッチンです。キッチンの中でもコンロで湯を沸かしたり調理したりする場合は、大量の蒸気が発生し湿気に変わります。キッチンから発生する湿気の封じ込めは部屋を仕切ることが原則です。キッチンは他の部屋と間仕切りで仕切ることで、他の部屋への湿気の拡散を防ぐことができます。間仕切りで仕切られない場合でも、キッチンと他の部屋との間は、天井からの下がり壁で仕切っておくと効果があります。結露対策では換気を行うことも重要です。湿気のたまりやすい上階の階段部分などには、換気扇による換気を行う必要があります。その他、結露が生じる場所には換気扇を設け、換気を行うと結露が消える場合があります。結露対策では、部屋と壁の温度差を生じさせないように十分な断熱材の設置も欠かせません。室内の結露を防止することに効果的である他、防湿fフィルムを断熱材の室内側に設置することで、壁の内部で起きる結露も防止することが出来ます。