結露対策の豆知識

毎年冬になると結露に悩まされ、家中の窓を拭いている人は多いです。そもそもなぜ結露するのかですが、それは屋内と屋外の温度差の大きさが原因です。冬は温度差があるため、屋内にある水蒸気が冷えて水に戻って窓に張り付くのです。結露は放っておくとカビやダニの原因になり、アレルギーを始めとする様々な症状を引き起こします。それを防ぐためにも、結露対策の知識を身に付けてることが大切です。もっとも基本的なのが、換気することです。屋内と屋外の温度差を作らないことが重要です。定期的に換気すれば、かなり結露を減らすことが出来ます。換気扇を利用するのも有効な手段なので、キッチンやバスルームは換気扇を上手く利用しましょう。根本的な結露対策をとるなら、窓ガラスを二重サッシやペアガラスにリフォームすることです。断熱効果も高まり、光熱費の節約にもなります。もっとお手軽な結露対策がいい時は、結露防止シートや結露取りワイパーや結露防止スプレーなどの便利グッズを利用してみるのも良いでしょう。これら以外にも、ちょっと意外な結露対策があります。それは、窓ガラスに食器洗い洗剤を塗ることです。なぜこれが結露に効果があるのかというと、食器洗い洗剤には、ノニオン界面活性剤という成分が含まれています。このノニオン界面活性剤には水分をはじく性質があるため、窓に塗ると結露が出にくいというわけです。塗り方は、まず窓ガラスの水分をよく拭き取り、水と洗剤を混ぜた液体にタオルを付けてよく絞り、そのタオルで窓ガラスを拭くだけです。家にあるもので簡単に結露を予防できるのでおすすめです。このような結露対策の知識を身に付けておけば、自分に合った対策がとれるので、家中の窓を拭いて回るということも無くなるでしょう。

冬の窓の結露対策

窓は最も結露が起こりやすい場所です。放っておくとカビの原因にもなるためこまめに拭き取らなければなりませんが、寒い冬の朝に水気を拭き取るのはつらい作業です。完全に防ぐのは難しいものの、ちょっとしたコツで結露しにくくなる...  続き ⇒