結露対策は必要?

毎年この冬の時期に起こる現象の一つとしてあげられるのが、窓の結露です。朝カーテンを開けると窓一面に水滴が付着しているはずです。結露対策をしているご家庭や、対策をしていないご家庭もあると思います。ではこの結露はどのようにすれば出なくなるのでしょう。また結露を放っておくと何か良くない事があるのでしょうか。

結露は外気と室内温度差があると起きる現象なので、当然冬は外気は冷たく、室内は暖かいので、どの家でも発生します。結露を出さない対策は、ありませんので結露を少なくする方向で考えなければなりません。

換気をするだけで、翌朝の結露は少なくなっています。カーテンや障子などを動かさないでいると水分が逃げないので多くの結露を生みます。その為換気によって空気を動かせば少しですが結露は少なく鳴ります。

結露対策は常に結露が出るたびにふき取る事が大事です。この結露を放置していると、結露が渇く前に埃と結びつきカビの発生を促してしまいます。アレルギーの原因や壁紙のダメージ・最悪床板にも被害が及びます。結露除去は健康被害や家屋のダメージを避けるために必要性が高いです。